2009年5月3日日曜日

AppleWorksからの移行とOOoの活用に向けて

長年愛用しているAppleWorksですが、MacOSXのバージョンが上がるのに伴ってサポートが打ちきられる(iWorkに移行する感じ)方向にあり、少しずつ別のソフトに移行していました。ワープロ、表計算、プレゼンテーションは、MS-OfficeやOpenOffice.orgへ移行し、ドローやペイントも別のソフトで満足していたのですが、データベースの便利さだけは、他の追随を許さないと感じていたために使いつづけていました。用途は主に「ミニ賞状」の印刷なのですが、入力フォームのレイアウトが簡単で、そのまま印刷しても十分に実用に耐えるものが出来上がるため、とても重宝していました。しかし、ここへ来てeMacが不調になり、AppleWorksを安心して使っていられなくなってきたのです。
#とりあえず、IntelMacでも動かないことはないのですが、若干動作が不安定で心許ないところがあり、今後のことも考えて思い切って移行先を考えることにしました。

初めに思いついたのは、OOoのデータベースを利用するということでした。別の用途ではOOoのデータベースを使ったことがあったため、データをまとめる操作そのものに困ることはありませんでしたが、最終段階の「ミニ賞状の印刷」ができませんでした。もう少しがんばればできそうなのですが、ハガキ大のミニ賞状の中に必要なものをレイアウトするのが難しいのです。

仕方なく、MS-Wordの「差し込み印刷」を利用することにしました。こちらも以前に使ったことがあったため作業に困ることはありませんでしたが、データベースを使うのと違っていまいちスマートじゃない感じがしました。

OOoのデータベースには、ラベル印刷やハガキ印刷など、もう少し印刷フィーマットのバリエーション(テンプレートのような形でもよい)を増やして、自由度を高めてもらいたいなぁと思っています。また、私自身ももう少し使いこなせるように努力してみようと思います。

0 件のコメント: