2017年10月22日日曜日

改良型カーテンレールランナー

前回作った一輪のカーテンレールランナーが、滑りの悪さでイマイチ使い勝手が悪い(力を入れると外れて落ちる)ことがわかってきて、改良する方法がないか考えておりました。
(そもそも、カーテン自体が古いので、直す必要もあるのですが)

必要な部品としては、背の低いナットがあればと思っていた所、仕事で立ち寄った店に良さそうな高さのナットがあったので、別会計にしてもらってちょっと多めに購入してきました。というわけで、改良型の部品は以下のような感じになりました。
これを順番につなぐと、ワッシャーの周りに隙間ができてワッシャーが車輪のように回転するようになりました。ワッシャーを止めないように、微妙なところでナットを止めるのに技が必要ですが、それができれば誰にでも簡単に作れそうです。
これで、動きはかなりスムーズになりました。

後は、カーテンのフックをかけるところの糸が解れてうまくかけられなくなってになっているので、修理をしなければならないと思っています。とは言え、分厚いカーテンでもあるし、簡単に直せる方法がないかと思案しているところです。

0 件のコメント: