2018年5月26日土曜日

起動が止まってしまったMacBook Proの復旧

突然MacBook Proが起動しなくなりました。電源は入ります。ユーザを選択してパスワードを入力してから、プログレスバーの進み具合が途中から急にゆっくりになり、どうにか最後まで進んでも、一向に起動する気配がないという状態です。(1日放置しても起動しない)

検索してもなかなか良い情報が見つからず、とりあえず電源を落としてからNVRAM(PRAM)リセット(起動音後すぐoption + command + P + Rを押して二度目の起動音で離す)やSMCリセット(shift + control + optionを10秒間押して離し、電源ボタンを押して起動する)をやってみましたが埒があかず、途方に暮れておりました。

ふと「起動時に出てくる棒のようなものは、何という名前だっけ?」というところから検索し直して、出てきたのが「プログレスバー」という名称。これを検索ワードに入れて調べたところ、そのものズバリ「Macの起動画面でプログレスバーが最後までいっても起動しなくなったので」というページを見つけました。ここに書かれていた通りの症状だったので、素直にTime Machineからの復旧を決行することにしました。

一度電源を落としてから、リカバリーモード(起動音後すぐにcommand + Rを押し続ける)で起動。念のために、ディスクユーティリティで破損をチェックしてからTime Machineからの復旧を選択しました。

つまずきどころは、保存されているTime Machineイメージを選択するのではなく、Time Machineイメージが保存されているHDDを選択するというところ(紛らわしい…)。すると、日付時間順にバックアップがリスト表示されるので、正常に動いていた最後のバックアップを選択して復旧を開始。後は、祈って待つだけです。朝6時頃に始めて、夜9時頃に確認しましたが、まだ終わっていませんでした。

ようやく終わったところで、自動的に再起動されて、設定がリセットされたところをやり直し(初めて起動した時の儀式的なやつ)、無事に復旧しました。気になったのは、ログインパスワードを入れるタイミングが変わったこと。これは、macOS自体の変更だろうと思われます。それが原因で起動に問題が起きていたのかどうかはわかりませんが、今回の症状は、珍しいことではないようです。

0 件のコメント: