2018年2月19日月曜日

micro:bitを:MOVE miniと組み合わせてミニバギーを作る

前回の続きです。micro:bitを使って、ミニバギーを作ります。出かけたついでに秋月電子で買ってきた、イギリスのKitronikが製造販売している「:MOVE mini」というミニバギーキットを使いました。(micro:bitは付属していないので、別途用意する必要があります)説明書は、すべて英語なのですが、Webサイトの情報と合わせて取り組めば、難しいことはないと思います。

SERVO:LITE基板にmicro:bitをビス止めしたら、プログラミングのためにUSBケーブルでパソコンとつなぎます。はじめのつまずきは、マイクロUSBケーブルのつまむところが厚すぎて、基板に干渉することでした。Webサイトによると、厚さ5.5mm以下のものであれば大丈夫のようですが、手元になかったので近所の家電量販店で購入してきました。

次に、「JavaScript Blocks editor」を使ってプログラムを組みます。「高度なブロック」メニューから「パッケージを追加する」を選択します。出てきた検索窓に「neopixel」と打ち込むと、パッケージリストの中に「neopixel」が表示されますのでクリックします。これでパッケージの追加が終了しました。

ここまででプログラミングの環境が整いました。説明書に従って、プログラムを組んでSERVO:LITE基板のテストを行いましたが、特に問題はありませんでした。後は一気に組み立てて、サーボモータの動作確認までしてしまいたいと思います。私が作ったプログラムを画像として書き出したので貼っておきます。
Aボタンを押して前進、Bボタンを押して後進、AボタンとBボタンを同時に押して停止するプログラムになっています。今後は、これを左右の方向転換もできるプログラムに変えていきたいと思っています。そして、BluetoothでiPhoneからコントロールできるようにすることも目標としています。ちょっと久しぶりにワクワクしています。

    2018年2月18日日曜日

    micro:bitはじめました

    身近なところでScratchを使った授業づくりをはじめた教員がいるので、私も自分なりに教材研究を始めようと思いたちました。とは言え、既に自分で思い通りの授業ができる立場ではないので、今後の展開を見通して、いつでもサポートができるようにしておこうということです。

    今回のターゲットはmicro:bitです。はじめは、スイッチサイエンスさんのchibi:bitを購入してちょっと動かしてみていたのですが、その後、日本国内でもmicro:bitが購入できるようになったので、3枚ほど購入しました。micro:bitは、イギリスのBBCが開発し、イギリス国内では子どもたちに配布されているもので、mbed日本語での案内)ベースのマイコン基板です。

    micro:bitを動かすためには、いくつかの方法があるのですが、一番簡単なのは「JavaScript Blocks editor」を使う方法だと思います。Scratchライクなビジュアルプログラミングが可能で、JavaScriptベースの言語でも記述することができます。「最初だけ」と「ずっと」のブロックが置かれた状態からスタートするので、考え方はArduino IDE(「setup()」と「loop()」)に似ていると思いました。これだけで、結構いろいろなことができるように工夫されているのは、後発の強みだと思います。

    プログラムを作った後は、自分のパソコンにダウンロードして、micro:bitにコピーします。micro:bitをUSBケーブルでパソコンにつなげると、USBメモリのように接続されますので、そこにダウンロードしたhexファイルをコピーするだけです。これから、以下のサイトも参考にしながら、時間を見つけていじってみたいと思っています。
    ちなみに、はじめに入っているプログラムは、「first-experience demo program」にありますので、初期状態に戻したい場合は、こちらからhexファイルをダウンロードしてmicro:bitにコピーしてください。

    2018年2月10日土曜日

    Raspberry Pi(Raspbian)のアップデートをしながら思ったこと

    私の手元には、6台のRaspberry Piがあります。内訳は、初代Raspberry Pi(もともと2台買ったのだけど、そのうちの1台は、早々に壊れたので残り1台)、B+(2台)、2B(1台)、3B(2台)です。いずれも、Raspbianで動かしています。事情により、しばらく放置していたのですが、活躍のチャンスが巡ってきそうなので、久しぶりにアップデートをすることにしました。

    まずは、RPiを起動して「startx」でGUIの環境にします。次に、LXTerminalを起動して以下のコマンドを打ち込みます。
    $ sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade
    これで、更新されているパッケージの情報を取得することが出来ます。あとは、更新するだけですので、「y」をタイプしてEnterです。結構時間がかかると思いますが、気長に待ちます。更新が終わったところで、以下のコマンドを打ち込んで余分なパッケージを削除します。
    $ sudo apt-get clean && sudo apt-get autoremove
    今回の作業では、余分なパッケージは検出されなかったので、大きな変更は行われていないのかもしれません。ここまでの作業を、6台分やりました。

    今後の対応として、 SDカードなどのフラッシュメモリは書き込み回数に制限があるため、アップデートを繰り返してきたものは、新しいSDカードにコピーして使った方が良いと思います。
    Gigazineの記事に解説がありました。(古い記事ですが、わかりやすかったので)

    RaspbianのSDカードのコピーについては、以前にやったことがあるので(すっかり忘れていましたが)思い出しながらやってみたいと思います。こうしたメンテナンスを含めると、学校に導入する際には、様々なサポートが必要になると思います。ボランティアベースでやってもらうのにも限界があるでしょう。1人1台配布できたとして、家庭に持ち帰らせてメンテナンスまでさせるのは難しいと思われます。人も金も時間も足りない日本の学校教育に、大きな風穴を開けるのは本当に難しいと思います。私にとっても大きな課題だと思っています。

    2018年2月6日火曜日

    プログラミング教育をはじめます

    いろいろな構想を思い描きながらも、立場的にできないことが多くなっていたこの数年間。ここに来て、新しい学習指導要領に「プログラミング教育」が明記されるなど、私がやりたかったことが、しやすくなってきたかなと思える状況になってきました。
    #「小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)」あたりから読まれることをおすすめします。

    そんな折、教員向けのプログラミング教育に関する研修の案内が立て続けにやってきて、私だけでなく、校内の先生方にも参加してもらいました。希望制の研修ですから、希望が通るかどうか少し心配をしていたのですが、杞憂に終わりました。

    その先生方から、「パソコンクラブの児童にScratchを使わせたい」との要望がありました。ここは全力で支援するところだと思い、動作チェックに付き合うことにしました。職員室のパソコンなら問題なく動くのに、コンピュータ室のパソコンではFlashが動かないようにしてあって、Web版のScratchが動きませんでした。いろいろ試しても結局動かず、最終的にインストール版のScratch 1.4を使うことにしました。
    #オフライン版のScratch 2.0は、インストールの段階でつまずきました。

    とは言え、Scratch 1.4も素直にはインストール出来ませんでした。「Program Files」の変更に制限がかけられているためです。そこで、インストール先を無難なところに設定し、そこに出来上がった「Scratch」フォルダを共有することにしたのでした。この方法なら、複数のパソコンでScratchを使うことができました。先生方も動かすことができたと大喜び。「これはハマる」と興奮気味でした。

    こうした活動は、その面白さに教員が気づき、それが伝搬していくことで広がっていくのだと思います。教材研究は、かくあるべしと思います。私も一緒に教材研究をしながら、授業づくり、教材づくり、…何でもやってみたいと思っています。「秋(とき)は来たれり」

    【追記】Scratch 1.4には、日本語にのみ修正が必要なところがあったのを忘れていましたので、追記しておきます。(2018.2.7) 

    修正されている日本語ロケールファイルhttp://t.co/pSIKMIk3gC)をダウンロードして解凍し、「Scratch」フォルダ内の「locale」フォルダに「ja.po」ファイルと「ja_HIRA.po」ファイルをコピー(置き換え)します。詳しくは、「Scratch1.4のダウンロードと日本語翻訳ファイルの差し替え」の説明がわかりやすいと思います。

    2018年1月6日土曜日

    Windows 7 PCのUSB 2.0ポートからHDMI出力を試みる

    仕事で使っているWindows 7で動くラップトップPCのVGAポートがダメになり、外部モニタに出力することができなくなってしまいました。(しかも複数台)いろいろと相談をしてみたのですが、近々に新しいものに更新される予定がなく、苦肉の策でUSB 2.0ポートからHDMI出力できる変換器を購入して、外部モニタに出力できるか実験してみました。

    そもそもUSB 2.0だと速度が出ないため、全くお勧めできないところなのですが、特殊な事情により、どうしてもUSB 2.0しかないPCでHDMI出力を求めるなら、こんな方法もあるということでシェアしておきます。

    購入したのは、BUFFALOGX-HDMI/U2というものです。USB 2.0対応の現行品としては、唯一に近い選択になります。(私個人が使うのであれば、中古の生産終了品に手を出すこともあるのですが、確実に使えないと意味がないので)

    実験の意味もあってとりあえず1台購入し、付属CDからドライバーをインストールしてPC→外部モニタとつないでみました。しかし、何も表示されません。PC側では、モニタに出力する何かにつながっている雰囲気は感じられるのですが、解像度などのモニタの設定ができません。外部モニタ側も「信号がない」とメッセージを出したまま、数分でスリープ状態にまりました。

    HDMIケーブルのせいではないかとか、別のモニタにつないだらどうかとか、いろいろ変えて試してみましたがうまく行かず、頭を整理するためにしばらく放置することにしました。(本当は、「うまく使えなかったら自腹で買い取りかな…」と涙目状態でした)

    そして、昨年末になって時間が取れたタイミングでもう一度トライしてみることにしました。ところが、付属のCDが見当たりません。探すのも面倒なので、BUFFALOのWebサイトからドライバーをダウンロードしました。結果的には、これが良かったようです。(付属CDに収録されていたのは、古いドライバーでした)

    ドライバーのインストール画面は、今までのものとそれほど変わりがなかったのですが、ドライバーをインストールし終わった直後にモニタを設定するウィンドウが自動的に開いて、外部モニタが接続されていることが確認できました。さらには、タスクバーにも新しいアイコンが追加され、いつでもHDMIにつなげた外部モニタの設定を変更できるようになりました。(ミラーリングだと、外部モニタいっぱいに画面表示できなかったので、外部モニタのみに出力するようにしたところ、しっかり画面いっぱいに表示するようになりました)

    これで購入したGX-HDMI/U2が無駄にならずに済んだと同時に、VGAが壊れたラップトップPCを使い続ける目処がたちました。ついでに、後々のことを考えて、簡単なセットアップマニュアルを作っておきました。後は、このラップトップPCが更新されるまで、頑張って欲しいと思っています。

    2018年1月4日木曜日

    カブトムシの世話(2018新春)

    新年ではありますが、このところの乾燥が気になっていました。例年、冬場の世話は、カブトムシが冬眠中のため行わないことにしていたのですが、昨年の世話から3ヶ月経ったので、コンテナを覗いてみることにしました。
    #そう言えば、秋にマットから取り除いた大量のフンは、職場のパンジーの肥料に使われています。

    上部は腐葉土(3ヶ月前はかなりこんもりとしていましたが、今はぺちゃんこにしぼんでいます)で、数cm下にクヌギマットを混合した層があります。カブトムシたちは、冬眠中なので深いところにいることを想定し、上の方だけひっくり返してみました。すると、予想以上にパサパサ状態。腐葉土のしっとり感もなく、完全に乾ききっていました。

    その下のクヌギマット層も表面がすっかり乾いていたので、加水作業をすることにしました。霧吹で表面を濡らし、ひっくり返して揉み込むように混ぜる作業です。これを何度も繰り返し、400mlくらいの水を染み込ませました。(左手の調子が悪くて少々難儀をしましたが…)

    本当は、ビニールシートを挟んでおくと良いのかもしれませんが、タイミングを誤って(否、世話を忘れて)窒息されるのも怖いのでやめました。これでしばらくまた様子見です。水分が多すぎると、凍結が心配されます。コンテナ全体を毛布のようなもので覆った方が良いのか、いろいろ試行錯誤中です。

    2017年11月11日土曜日

    macOS High Sierraへのアップグレードでつまずく

    新しいOSにアップグレードする際には、いろいろ気をつけなければならないのですが、うちのMacBook ProにもMacの新OS macOS High Sierraのインストールの順番が来たようで、「準備ができた」とか言うのであまり考えもせずにインストールをスタートしてしまいました。

    しばらくすると「再起動」が要求され、これまでにも経験したような雰囲気でインストール作業が始まったように思いました。時間がかかるだろうことは予想の範囲内なので、しばらくの間パソコンから離れておりましたが、30分位して戻ってみると「インストールに失敗した」とかで、また「再起動」を促されました。

    何が起きたのかわからないまま、とりあえず「再起動」をクリックすると、またしばらくして同じ画面が表示され「再起動」を促されます。これを何度も繰り返して時間を浪費しました。焦る気持ちは、モンスターに追いかけられた主人公が、車のキーを回しながら「Come on! Come on!」と叫んでる感じ。事の重大さを認識し、対応策を調べました。

    まず試したのは、セーフモードで起動することでした。これは、途中で起動が止まってしまい、昼寝から目覚めても何も変わっていませんでした。残念。

    次に、NVRAMをクリアする方法を試しました。すると、何となくインストール作業が進んでいる状態になりました。それにしても、遅い!散々待たされた結果、何とかインストール作業が終了し、デスクトップが表示されるようになりました。歓喜。

    これで、無事にHigh Sierraになりました。まだ、この記事を書く程度にしか使っていませんが、動かなくなっているものがないかどうか、試してみたいと思います。