2018年7月8日日曜日

Raspberry Pi Zero Wのセッティング(無線LANにつなぐまで)

前回、Raspberry Pi ZeroIchigoJam BASIC RPiで動くようにしましたが、今回は、そのRPi Zeroに無線LANとBluetoothを組み込んだRaspberry Pi Zero WをRaspbianで動くようにセッティングしてみました。

まずは、Raspberry Piのサイトから、NOOBSをダウンロードします。現時点での最新バージョンは、2.8.1でした。例によってSD Formatterを使ってSDカード(今回は、8GBのものを使用)をフォーマットし直してから、NOOBS_v2_8_1.zipを解凍し、現れた「NOOBS_v2_8_1」フォルダの中身を全てSDカードにコピーしました。

後は、いつものようにRPi Zero WにSDカードを挿し込んで、電源を入れれば見慣れた初期設定(Raspbianのインストール)の儀式がスタートします。Raspbianのインストールと日本語とUSキーボード(ここは、それぞれの環境に合わせてください)を選択してインストール作業を開始しました。実を言うと、1回目はSDカードの相性問題に当たってしまったようで、全く反応してくれませんでした。そこで、メーカーのはっきりしたものに変えたところ、無事に動きました。(インストール作業は、かなり時間がかかるので、終わるまでは別のことをしながら気長に待ちました)

インストール作業が終わったら、デスクトップが表示されます。動作確認のため、いくつかのアプリケーションソフトを立ち上げてみました。ScratchやMinecraftは、問題なく動きましたが、中にはかなり重たくて動作がおかしいと感じるものがありました。

次に、ネットワークの設定をします。自宅の環境がステルスモードのSSID(アクセスポイント)なので、GUIでの設定はできませんでした。そこで、LXTerminalからCUIで設定を行いました。(ステルスでないSSIDへの接続は、GUIでサクサクできます。詳しくはWebで検索!)
#今回は、「第二回 Raspberry Pi 3をステルス機能が有効のアクセスポイントに接続させMacからSSHで接続する」と「ラズパイでステルスのSSIDへ内蔵WiFiで接続する」を参考にしました。

「wpa_passphrase」を使って、SSIDとパスワードを設定します。これを行うことで、パスワードの暗号化が行われるようです。
$ wpa_passphrase “(接続したいSSID)” “(SSIDのパスワード)”
これにより、暗号化された「psk=」以下を使いますので、画面上から消さないようにしてください。続いて、viで「wpa_supplicant.conf」を編集します。
$ sudo vi /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
wpa_supplicant.confファイルを開くと、先程設定したSSIDとパスワードが書き込まれていることがわかります。「psk=」以下を先程のwpa_passphraseで暗号化されたものと書き換えます。(コピペすれば良い)
#viの使い方をすっかり忘れていたので、「viエディタの使い方」を参考にしました。

さらに、以下のように設定を書き込んでから、「:wq」で変更した内容を保存してviを終了します。
(前略)
network={
    ssid="(接続したいSSID)"
    psk=(wpa_passphraseで暗号化されたもの)
    scan_ssid=1
    proto=RSN
    key_mgmt=WPA-PSK
}
これで再起動すると、無事に無線LANにつながるようになりました。続けて、IPアドレスなどの設定を行います。タスクバー内の無線LANアイコン上で右クリックすると「Wireless & Wired Network Settings」というメニューが現れますので、これを選択します。「Configure」から「SSID」を選択して、隣のプルダウンメニューから設定したSSIDを選択します。後は、IPv4のアドレスと、Router、DNS Serverのアドレスを設定して「適用」を押せば完了です。すかさず再起動します。他に設定した後でしたら、余計な設定は「Clear」しておくと良いと思います。
#実は、DHCPサーバに頼ってみようかとも思ったのですが、うまく設定ができませんでした。

これで、無事にネットに繋がりました。しかし、やはり非力なZeroシリーズだけあって、遅いですね。どこまで実用的かは、いろいろ試してみないとわからない感じがしました。ちなみに、Scratch 1.4WeDoのモーターが動きましたので、ネットに繋がなくても利用価値は高いと思いました。WebアプリのScratch 2.0は、Flashベースなのでそのままでは動きませんでした。(ブラウザーがChromiumですからね)

最後に、更新されたプログラムのインストールと使わなくなったプログラムの削除を行いました。
$ sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade
$ sudo apt autoremove
時間はかかりますが、大事な作業ですので。(「apt-get」は、「apt」でも良いのか?)

2018年6月27日水曜日

Raspberry Pi ZeroをIchigoJam BASICで動かす

Raspberry Pi(いつものように「RPi」と略記)の機能を凝縮・限定して、工作物に組み込みやすくなったZeroがリリースされ、日本でも購入できるようになりました。小さくてリーズナブルなので、初めての方でも手軽に試せるのが売りのようですが、正直なところ、むしろ玄人好みなのではないかと思っています。という訳で、今回は、RPi Zero V1.3を使ってIchigoJam BASICを動かしてみようと思います。

用意したのは、SWITCH SCIENCEで取り扱っているRPi Zeroです。これまでのRPiに比べてポートが極端に少ないのが気になります。Mini HDMIとMicro USBのポートが1つずつで、もう1つのMicro USBは、電源供給のためのものです。この状態でLANにも入れずどうやって活用するのかとちょっと頭を悩ませましたが、セルフパワーのUSB HUB(アダプターが付いているもの)を用意して、いろいろつないでしまえばよいだろうと思って実験をはじめました。

まずは、IchigoJam BASIC RPiのサイトから、現時点で最新版のichigojam-rpi-1.2.6.zipをダウンロードします。

次に、SDカードを準備します。今回は、32GBのMicro SDカードにIchigoJamを入れることにしました。念のためにSD Formatterを使ってフォーマットし直してから作業をはじめます。(結構な時間がかかる)フォーマットが終わったところで、先程のichigojam-rpi-1.2.6.zipを解凍し、現れた「ichigojam-rpi」フォルダ内のすべてのフォルダとファイルをSDカードにコピーします。

このSDカードをRPi Zeroに挿入して電源を入れると、IchigoJam BASICで起動しました。起動はかなり速いですし、BASICの使い心地も申し分ありません。ただし、私が使っているキーボード(HHKB Lite2)の問題かもしれませんが、Micro USB変換ケーブルに直接つないでRPi Zeroに挿しても反応しませんでした。間にセルフパワーのUSB HUB(今回は、iBUFFALOのものを使った)がないとダメでした。本体が小さいので携帯性が高いと思うのですが、その他にいろいろ準備しなければならないというのがもったいないように思いました。

ともあれ、無事にIchigoJam BASICが動いて、Lチカもできました。本家IchigoJamよりも小さいので、いろいろ可能性が広がりそうです。どんな事ができるのか、チャレンジしたいと思います。

2018年6月24日日曜日

カブトムシの世話(2018初夏)

前回の世話から約2ヶ月半が経ちました。そろそろ羽化しても良い頃ではないかと思っていた先週、羽化した小さなカブトムシが1頭だけマットの上に出てきていました。他にも羽化したものがいるのではないかと思い餌を入れておきましたが、翌日から気温が下がり、餌を食べている気配がない状態に。そのまま忙しいモードに入って1週間たち、いくら何でももう羽化しているだろうとコンテナのフタを開けると、出てくる出てくる。ざっと数えて50頭程度は無事に羽化しておりました。マットをコンテナの縁ギリギリまで入れてあったので、羽化したカブトムシたちの居場所が狭い状態でひしめいておりました。これでは可愛そうだと思い、上の方のマットを取り除く作業をしました。

まず、カブトムシの世話をする道具を入れていた初代のコンテナを出してきて、その中にカブトムシたちを避難させました。そして、コンテナの蓋を外して、その中に取り除いたマットを入れました。加水には気を使っていたつもりでしたが、かなり水分が減っていて、蛹化不全を起こしたらしい塊がいくつか見つかりました。カブトムシの幼虫は、死んでしまうと顔の部分以外は土に帰ってしまうので、どのタイミングで死んでしまったのかよくわかりませんが。

コンテナの縁から20cmくらい掘り込んで、霧吹きでマットの水分を補った後、餌台と登り棒を入れ、餌を差し込んでカブトムシたちを戻しました。 その上から、高さのある蓋をしたので、高さ40cm程度の空間ができました。これで、今までよりはマシになっただろうと思います。

現任校は、学習林がない(むしろある方が珍しい)ので、カブトムシたちの行き場所が少ないのですが、身近なところで需要のあるところには、分けてあげようと思っています。

2018年5月26日土曜日

起動が止まってしまったMacBook Proの復旧

突然MacBook Proが起動しなくなりました。電源は入ります。ユーザを選択してパスワードを入力してから、プログレスバーの進み具合が途中から急にゆっくりになり、どうにか最後まで進んでも、一向に起動する気配がないという状態です。(1日放置しても起動しない)

検索してもなかなか良い情報が見つからず、とりあえず電源を落としてからNVRAM(PRAM)リセット(起動音後すぐoption + command + P + Rを押して二度目の起動音で離す)やSMCリセット(shift + control + optionを10秒間押して離し、電源ボタンを押して起動する)をやってみましたが埒があかず、途方に暮れておりました。

ふと「起動時に出てくる棒のようなものは、何という名前だっけ?」というところから検索し直して、出てきたのが「プログレスバー」という名称。これを検索ワードに入れて調べたところ、そのものズバリ「Macの起動画面でプログレスバーが最後までいっても起動しなくなったので」というページを見つけました。ここに書かれていた通りの症状だったので、素直にTime Machineからの復旧を決行することにしました。

一度電源を落としてから、リカバリーモード(起動音後すぐにcommand + Rを押し続ける)で起動。念のために、ディスクユーティリティで破損をチェックしてからTime Machineからの復旧を選択しました。

つまずきどころは、保存されているTime Machineイメージを選択するのではなく、Time Machineイメージが保存されているHDDを選択するというところ(紛らわしい…)。すると、日付時間順にバックアップがリスト表示されるので、正常に動いていた最後のバックアップを選択して復旧を開始。後は、祈って待つだけです。朝6時頃に始めて、夜9時頃に確認しましたが、まだ終わっていませんでした。

ようやく終わったところで、自動的に再起動されて、設定がリセットされたところをやり直し(初めて起動した時の儀式的なやつ)、無事に復旧しました。気になったのは、ログインパスワードを入れるタイミングが変わったこと。これは、macOS自体の変更だろうと思われます。それが原因で起動に問題が起きていたのかどうかはわかりませんが、今回の症状は、珍しいことではないようです。

2018年4月15日日曜日

カブトムシの世話(2018春)

カブトムシたちが冬眠から目覚める季節になりました。コンテナ内の腐葉土は、見た目はあまり変化が見られませんでしたが、上の方だけ少し取り除くとすぐカブトムシのフンの層が現れました。かなりしっかり食べたものと見えて、大量にありました。ここで手入れの時季を誤ってはならないと思い、忙しい合間をぬってフンを取り除く作業を行いました。

昨年から、腐葉土+クヌギマットの組み合わせでマットを作っていますが、少々硬い葉脈や小枝が食べ残されていました。これらをフンと一緒にフルイで取り除きながら、カブトムシを数えてみました。確認できたのは、全部で106頭。前回に比べて2頭減っていました。

面白いことに、コンテナの底に近づくに連れて、フンの量が少なくなり、カブトムシの幼虫も小さなものが多くなっていきました。これは、前回の世話の際に、底に古いマットを敷いた状態で上に腐葉土とクヌギマットを混ぜたものを重ねたせいではないかと思います。

今回は、底の方までしっかりとフルイにかけ、加水してクヌギマット10Lと揉むように混ぜ合わせました。さらに腐葉土とクヌギマットを加水して混ぜ合わせ、次の層としました。そこへ、106頭のカブトムシの幼虫を戻して世話の完了です。

コンテナに入り切らないほどパンパンになってしまいましたが、カブトムシたちは、元気に奥の方へと潜っていきました。カブトムシたちが動き回って食べているうちに、マット自体が締まっていって、コンテナの中に落ち着いていくものと思っています。何よりも、この時季に世話をすることができたので、一安心です。出てきた大量のフンは、今年も花の肥料として活用する予定です。

AtomマシーンにPuppy Linux 5.7.1JPをインストールする(1)

2011年頃から使っているAtomのベアボーンを久しぶりに起動しようとしたら、HDDを認識しないというトラブルが発生しました。ボタン電池を交換してもダメ。HDDの換装から5年半を経過して、再びHDDがダメになったようでした。

このままゴミにするのはもったいない気がして、何かの役に立てることはできないかと考えました。

以前から、古いノートパソコン(ラップトップPC←2004年から使用!)に2012年頃からPuppy Linux 5.1.1JPを入れて運用しています。(現在は、活躍の場がありませんが…orz)カスタマイズしたPuppyをバージョンアップしようと考えているのですが、そのカスタマイズイメージを作るためのマシーンとして、このAtomマシーンを再生してみようかなと思い立ちました。

とりあえず、壊れたHDDを取り出します。(外付けHDDとして、Macのディスクユーティリティや別のLinuxマシーンで見ても、認識されないくらいに壊れていました)500GBの3.5inchHDDにUbuntuを入れて使っていたのですが、手元にあるのは、120GBの2.5inchHDDと750GBの2.5inchHDDだけ。(いずれも、液晶が使えなくなった古いMacやPCから取り出したもの)Puppyはとても軽いので、120GBのHDDを使うことにしました。とは言え、このままではうまく載せられません。そこで、Amazonで見つけたELUTENGHDD/SSD 2.5 3.5 変換マウンタを使うことにしました。ABS樹脂製でかなり軽くて加工しやすいものです。おかげで、微妙に穴が合っていないところをヤスリで穴を広げたり、タッピングビスで無理やり固定したり、筐体に固定するビスと干渉するところをニッパーで切り取ったりすることができました。(良いのか悪いのか…)

後は、CDに焼いたPuppy Linuxで起動して、インストール作業をするだけです。Puppy Linux 5.7.1JPでの動作確認まではできましたが、ちょっと時間がかかったので、続きは次回。

【追記】結局、HDDからの起動ができず、やはりマザーボードの故障と判断しました。残念ながら、このマシーンは廃棄することにしました。(それでも、まだ他にあるから)
(2018.6.30)

2018年3月18日日曜日

Scratch 2.0(Web版)からWeDo 1.0を動かせるかテスト(Mac編)

Scratch 2.0を職場(学校)で使いたいと思っているところですが、現在のところ目処は立っていません。管理ポリシーによりFlashが動かないようになっているためです。しかし、プログラミング教育は、勧めていきたいという方向性はあるようで、こちらも心構えをしておかなければならないと思っています。

手始めに、WeDo 1.0の動かし方をおさらいしておこうと思いたち、普段使っているMacのFirefox(59.0.1)でやってみました。(もうWeDo 2.0が出ているためか、WeDo 1.0の情報はなかなか見つかりません)

Scratchの「作る」画面から、「スクリプト」タグで「その他」を選択します。「拡張機能を追加」ボタンを押すと、PicoBoard、LEGO WeDo 1.0、LEGO WeDo 2.0の3つの選択肢が現れます。この中から「LEGO WeDo 1.0」を選択して「OK」を押します。すると、WeDo 1.0を動かすブロックが現れますが、右に赤い丸「」が表示されます。ガイド画面が表示されるので、「LEGO WeDo 1.0またはPicoboardのセットアップ」をクリックすると、詳しいやり方が表示されます。今回は、「Mac(その他のブラウザー)」から「ScratchDevicePlugin.dmg」をダウンロードしました。
#「ブラウザーのScratch拡張機能プラグイン」に詳しい解説がありました。

dmgファイルを開いて、「ScratchDevicePlugin.plugin」を「Plugins」フォルダにドラッグ&ドロップします。プラグインのインストールは、これで完了、のはずでしたが、Firefoxでは、全く無反応でした。

もしかするとと思い、Safari(11.0.3)を起動してやってみたところ、無事にWeDo 1.0をコントロールすることができました。(先程の赤い丸「」が、プラグインのインストール完了で黄色い丸「」になり、WeDo 1.0のUSBハブを接続すると緑の丸「」になります)Chrome(65.0.3325.162)では、特別のdmgファイルをダウンロードしてインストール作業をすることで、同じように使えるようになりました。

というわけで、MacでPicoBoradやWeDo 1.0を使うなら、SafariかChromeでということになりそうです。