2019年7月7日日曜日

カブトムシの世話(2019夏)

前回の世話から2ヶ月ほど経ちました。7月2日の帰宅時に、カブトムシコンテナからガサガサキシキシ音がするので、羽化したカブトムシが出てきたことがわかりました。しかし、時間は24時過ぎ。このままコンテナを開けると、元気いっぱいのカブトムシたちが飛び回って収集がつかなくなるだろうと思い、餌やりは断念。翌朝餌やりをすることにしました。

明けて翌日の7月3日。在庫していたカブトムシゼリーを抱えてコンテナを開けてみると、表面に出てきていたのは、20頭ほどのカブトムシたち。朝になっておとなしくなっていました。夜は、もっとすごいことになっていたのだろうと想像しながら、とにかく慌てて餌をマットの上に並べました。仕事が忙しくて夜が遅く、どうしても朝の時間にしか餌やりができないのですが、本当は、もう少し環境を整えなければならないと思っていました。

そんな心配な状況で、日曜日を迎えました。(土曜日も出勤していたので)昨年のカブトムシたちが使っていたのぼり木や餌皿を出してきて、カブトムシたちの住環境を整えました。蛹化に失敗した幼虫1頭と、餌にありつけなかったのか成虫1頭の死骸が出てきましたが、それ以外は問題なく、やはり20頭(内2頭が雌)くらいが常にマットの上にいるという状況でした。気になったのは、角の小さな成虫が多くなっている印象があったこと。以前は、1〜2頭程度だったものが、4〜5頭くらいは角が小さいのです。コンテナ飼育では、餌を奪い合うこともなさそうだし、むしろ大きな角はゼリーを食べるのに邪魔なのかもしれません。(原因は、そんなことではないかもしれませんが…汗)

既に、夏の産卵から秋の飼育に備えてクヌギマットを40L分用意してあるので、あとは、腐葉土を80Lくらい追加で購入する予定です。腐葉土飼育にしたことで、マットの黒土化が早くなり、前年のマットの使い回しが厳しい感じになっています。職場(学校)の花壇の土壌改良に使おうかと考えていますが、運び方をどうしようかと思案しているところです。

Celeron J1800搭載mini-ITXマザーボードでPCを作る

前回の続きです。とりあえずマザーボード自体の動作確認ができたので、適当なケースに入れて、デモンストレーション用のPCとして持ち運べるようにしようと思いました。

AmazonでPCケースを探したところ、HTPC(Home Theater PC)ケースというとても小さな中華製PCケースを発見しました。もともと、このような小さなPCが1〜数万円で販売されていたのを買おうかなと思っていたところだったので、手頃なものをチョイスして注文しました。(ホームシアターPCとして使うつもりはないのですが…)

中国からの発送だったため、9日程待ちましたが、無事(箱は変形していましたが)に届きました。早速開いてみると、HTPCケースとネジ数本とゴム足が付属していました。マニュアル類はなし。とは言え、過去の経験を活かせばそれなりにできるもので、まずは天板を外し、I/Oパネルを取り付けてからmini-ITXマザーボードを底板にネジ止めしました。ネジ位置はぴったりだったので、これは問題なく終了。次にSSDをどう取り付けるかということになりますが、天板の内側に補強金具のような部品があり、それに2.5inchHDD/SSDが付けられるようにネジ穴が空いていたので、配線を考えながら向きを合わせてSSDを取り付けました。電源は、ACアダプターからマザボ電源やCPU電源などに電源を供給するユニットを使って、給電すべきものをすべてつなぎました。購入したケースには、アダプタのソケットを取り付ける穴もついていて、簡単に取り付けることができました。最後に、SATAケーブルを繋いで天板を閉じて完成しました。ケーブルの密度が高くてCPUのヒートシンクに触れそうになりましたが、ケーブルの固さを利用してCPU周辺を迂回させつつケースに詰め込みました。動作確認も無事に終了しました。
#起動ディスクとしては使えなかったCFカードをSSDに変換するボードは、16GBのCFカードを装着してセカンドSSDとして使用(容量が小さくて、有効な活用方法が見つからないw)することにしました。

それから、無線LANカードにBluetoothの機能が付加されていないので、Bluetooth USBドングル(PLANEX BT-MicroEDR1X)を挿してBluetoothも使えるようにしました。ありがたいことに、特に何の設定をすることなく自動的に使えるようになりました。Linux Mintの使いやすさを感じました。ついでに7inchの液晶モニタを購入して、ミニPCの完成です。液晶の質は良い方ではありませんが、動作確認くらいはこのモニタで十分です。

さて、これの活用方法ですが、ずっと以前から考えているのは、子供たちが使うPCとして理想的なものを作り上げたいということ。格安で堅牢でも、機能的に必要十分なもの。ノートPCのようにメンテナンス性や拡張性の悪いものはダメ。簡単に持ち運べる重さで机に組み込めたら最高だなと。学校と自宅に1台ずつあって、データをUSBメモリなどで持ち運んで、同じ環境で作業ができるというのが理想。マウスやキーボードは無線が良いけどBluetoothがもう少し反応がいいといいなぁとか、タッチパネルとソフトキーボードで使うという使い方もあるかなぁとか、だったらタブレットでいいじゃん(メンテナンス性やら拡張性やらが犠牲になる)とか、いろいろ考えています。(何かできるわけでもないのですが…)

2019年6月16日日曜日

Celeron J1800搭載mini-ITXマザーボードで何ができるかやってみる

仕事に追われる毎日で、ちょっとした気分転換のつもりで近所のHARD OFFに寄ったところ、IntelCeleron J1800を載せたGIGABYTEGA-J1800N-D2Hというmini-ITXマザーボードを発見。衝動買いをしてしまいました。

そもそも、10年以上前に使っていた持ち運べる自作PCや数々の自作PCで使っていた部品を処分してしまい、もう少し新しい部品でPCを組み立てたいなぁとは思っていましたが、毎日使っているLinux Mintで動かしている自作PC(もう6年以上前!)に不具合や不満はないし、特に需要があったわけではありませんでした。

J1800N-D2Hを見たとき、自宅にある(捨てなかった)いくつかの部品が使い回せると思いました。実際に、WCBN611LH-N5というmini PCI-e用のWi-Fiカード(我が子に買い与えたPCが壊れてしまったため取り外したもの)を装着することができました。メモリーもSODIMM DDR3L PC3L-12800の4GBが2枚あったので、新規に買うことはありませんでした。

新規に購入したのは、壊れたPCから取り外せなかった無線LANアンテナ(Wi-Fi/Bluetooth対応)とDC-ATX-160Wインラインパワーモジュール12V10Aスイッチング式汎用ACアダプターの3つ。HDDの代わりにCFカードをSATA接続する変換基盤(かなり昔に購入したもの)を使って16GBのCFカードを使いました。

これで準備完了。サクッと組み立てて動作確認してみました。構成的には、とてもシンプルなので問題なく動きました。早速、Puppy Linux 5.7.1 JPをインストールしてみました。CDからの起動は問題なく、インストール作業もできました。しかし、CFカードから起動すると、キーボードとマウス、有線LANが認識されないという不具合が発生。解決方法が見つからないまま使用を断念しました。

次に、Linux Mint 19.1 64bit xfceでチャレンジしてみました。DVDからの起動はこちらも問題なく、インストール後のCFカードからの起動もできました。一安心して日本語環境の設定やプリンターの設定をすると、次からの起動に失敗し、アップデートなどで修復を試みようとすると雪崩式に使えなくなっていくという不具合に遭遇しました。これは、CFカードを使用しているのがダメなのだろうと考え、4つ目の購入品として、120GBのSSD(台湾製)を購入することにしました。調べてみると、ESSENCORE社のKLEVV NEO N500シリーズというやつでした。

このSSDを接続して、先ほどと同じLinux Mint 19.1をインストールしたところ、問題なく動くようになりました。SSDの速さに感動し、駆動部分がないために無音のPCが完成して大満足です。使い方は、これから考えます。

2019年5月6日月曜日

カブトムシ(幼虫)の世話(2019(令和元年)春)

10連休とは言え、この時季は大量の仕事をこなさなければならないため、遠出の計画を立てることができず、(だいたい、連休前に無理やり仕事を終わらせて、力尽きて体調を崩す)ちまちまとした仕事をこなしながら体調を整えて、のんびりと過ごしておりました。また明日から仕事なので、いろいろと段取りを考えないといけないところではあるのですが…。

ということで、前回の世話から冬を越えて春を迎えました。かなり暖かくなっているので活発に動き始めている頃です。毎年恒例とはなりましたが、カブトムシ(幼虫)の様子を確認しながらフンの除去とマットの交換をしました。
#フンは、いつものように花の肥料にします。

腐葉土とクヌギマットを混ぜ合わせたマットをコンテナに詰めて飼育していますが、表面は、とても乾燥した状態になっていました。昨秋から今春の間も様子を見ながら加水していたのですが、表面はどうしても乾きやすいという問題があります。これは、腐葉土飼育にしたことによる変化と言えるかもしれません。 当然のことながら、この乾燥したところに幼虫はいませんでした。

深さ5cm程度マットを取り除くと、フンの層が現れました。これより下は、フンが大量にあって、幼虫たちがゴロゴロと出てきました。予め用意しておいた新しい腐葉土&クヌギマットの方に移し替えながら数を確認しました。サイズとしては大きくない幼虫が多く、栄養が足りていないのかもしれないと感じました。ふるいにかけながらフンを取り除き、幼虫を移すという単純作業を繰り返し、残りの深さが20cmくらいになったところで腐葉土だけの層が現れました。腐葉土は、圧縮されていて水分が多く、大きな幼虫がたくさん集まっていました。フンもたくさんありましたが、腐葉土の分解が進んでいて、かなり黒土に近い状態になっていました。これも、クヌギマットに比べて大きな違いだと感じました。

どうやらカブトムシの幼虫たちは、餌としても腐葉土を食べますが、その後のすみかとして、より固まりやすくて保水力のある黒土を好んでいることがわかりました。確かに、クヌギマットだけでは固さが足りず、蛹化不全や羽化不全を起こす個体が多くなっていました。 カブトムシにとっては、土も大事だということがわかりました。

とは言え、土になってしまったら餌としては使えません。黒土になってしまった部分を半分程度取り除き、ふるいにかけたマットと新しく用意した腐葉土&クヌギマットをコンテナに戻して、幼虫たちを入れました。全部で65頭いました。一緒に、加水したクヌギの朽木や食べ残されていたクヌギの朽木も入れておきました。これで今回の世話は完了です。時々様子を見ながら、夏を待ちたいと思います。

2019年4月7日日曜日

Raspberry PiとIchigoJamで同じキーボードを使えるようにする

手軽に使える学習用コンピュータとして、Raspberry Pi(RPi)とIchigoJamに注目しています。コンセプトの違いはあるものの両方ともかなり気に入っていて、いろいろなところでオススメしています。

RPiとIchigoJamは、それぞれのコンセプトが違うだけでなく、使えるキーボードの条件も違います。現状で一番手に入りやすいのは、USBキーボード。RPiは、USBキーボードが使えるので問題はありませんが、IchigoJamは、PS/2キーボードにしか対応していません。PS/2キーボードは、以前は多くの種類が出回っていましたが、最近はかなり少なくなっています。ややこしいのは、現在販売されているIchigoJamは、キーボードの接続コネクタがUSBの形状になっていること。つまり、内部ではPS/2として動いていて、信号的にUSBにして出力するキーボードを使う必要があるのです。

先日、近所のHard Offへ行ったところ、SolidYearのACK-595というPS/2仕様のUSキーボード(SolidYear提供の情報がありませんでした)を2台見つけて衝動買いしてしまいました。
#そもそも、私はUSキーボードしか使いません。日本では、当然のようにJISキーボード(日本語キーボード)の方が品揃えが多く、USキーボードは選択肢が限られることになります。

普段RPiで使っているのは、PFUHHKB Lite 2です。これは、普通のUSBキーボードなので、PS/2キーボードではありません。つまり、IchigoJamでは使えません。今回購入したACK-595は、HHKB Lite 2に比べると打鍵感はダメダメですが、PS/2キーボードです。何とかACK-595を、RPiにもIchigoJamにも使うことができないかやってみました。

先ずは、IchigoJamに接続してみます。PS/2接続の古いタイプのものには、そのまま挿して使えました。USB形状になった新しいものには、PS/2をUSBの形状に変換するコネクタを使いました。
これに挿すと、問題なく使うことができました。Amazonで安く購入できたので、2つ入りのものを購入しました。(たくさん出品されているようなので、レビューを見ながら評判の良いものを選べば良いと思います)

IchigoLatteでも使えました。なお、USキーボードを使う場合は、予めUSキーボードに対応したファームウェアに更新しておく必要があります。詳しくは、「ファームウェアの更新」を参考にしてください。

次に、RPiに接続してみます。先程のPS/2をUSBの形状に変換するコネクタを使ってみましたが、やはりダメでした。そこで、SANWA SUPPLYUSB-CVPS1を使ってみました。
すると、自宅にある、初代RPi、RPi B+、RPi 2B、RPi 3Bで使えました。反応が遅いとか、途切れるとかというような問題もありません。これで問題は解決です。
ついでに、RPi 3の日本語入力を設定しました。
$ sudo apt update && sudo apt install fcitx-mozc
前々回前回では、ibus-anthyやuim-anthyを使っていましたが、fcitx-mozcの方が評判が良いみたいなので、今回はこちらにしました。

この後、「sudo apt update && sudo apt upgrade」して、「sudo apt clean && sudo apt autoremove」しましたが、かなり時間を使いました。RPiには、安くなったときにまとめ買いした8GBのMicro SDカードを使っているのですが、upgradeが多すぎてできないというエラーが出ることもありました。必要なさそうなものを削除して、すべてのupgradeを終わらせましたが、これからは、もう少し容量の大きなものを使った方がいいかもしれないと思っています。

2019年3月4日月曜日

【プログラミング教育】「正三角形をかくプログラムを考えよう」の授業案

前回の授業案の続きです。今回も「えんぴつ」のメタファを、「図形をかく」教材に利用しています。できるだけ、見た目やスプライトを統一して、使うコードのポイントになる部分だけを変える、という手法で作っています。これは、教科の学習のねらいに即した部分に焦点を当てて、プログラミングを教科の学習に埋め込むための工夫でもあります。Scratchの場合は、リミックスの敷居も低いので、学習したことを応用して更に別の図形をかくプログラムに改変しながら、さまざまな「図形をかくコード」を考案していってほしいと思っています。

----------------------------------------------------------------------------------------

【使用教材】
 【算数】正三角形をかく(1)
 【算数】正三角形をかく(2)

【課題】
 「どうすれば、正三角形がかけるのかな?」正三角形をかくプログラムを考えよう

【児童の問】
 プログラムで正三角形がかけることはわかったけど、自分でやるのはむずかしそう。
 どうすれば、正三角形をかくプログラムができるのかな?

正三角形をかくためには、同じ長さの3つの辺が必要です。プログラムで描画する際にもこの性質を使います。また、「( )度回す」の角度は、60度ではなく120度です。これは、外角にあたるのですが、外角の意味を教えなくても体を動かしながら考えるとわかりやすくなります。正面を向いて、60度向きを変えたとき、三角形には収束しません。120度回らなければならないのです。

ここで、子どもたちが三角形の内角の和が180度と知っていて、正三角形の1角が60度だと知っていることがポイントとなります。なぜ60度ではなく120度なのか。そして、この120度にどんな意味があるのか、じっくり考えさせたいところです。プログラミングだけを学ぶのではなく、プログラミングを通して正三角形の性質を学ぶのです。

今回使う、2つのプログラムは、両方とも全く同じ正三角形を描画します。コードに違いがあるのですが、これが味噌となります。2つのプログラムを比べることで、子どもたちがその違いに気づき、新しい表現による新たな可能性をも見いだせることを期待します。
















続きはまた。

2019年2月17日日曜日

Scratch 3.0でmicro:bitを使う(プログラミング教材づくりのために)

自分で教材を作り、先生方へ授業のアイデアを提供しながらプログラミング教育の実践をお願いしているところですが、すぐに理解してどんどんやれる子と、なかなか理解できずにつまずく子がいて、どのような支援をしていくべきなのかというところに課題を感じています。

例えば、図形をかくプログラムのコードを見て、「その図形をかくために最も重要な部分は何か」を探す場面で、図形の定義から、コードのどこにそれが表されているのかを探せない子がいます。そういうときに、教師が教えてしまうのは簡単です。しかし、それではコードを読む力が育ちませんし、自分が求める何かを自分で作る力が育ちません。

そこで、そうしたつまずきに対する支援をプログラムでできないかという考えに至りました。(これは自然な流れだと思います)辺の長さは、どこで決められているのか。角度の大きさは、どこか。辺や角の数は…。というように、コードの違いを見比べることで気づけるような教材を作りたい。(カードのような形でも良いけれども…)実際に触って動かせるものがあったらもっと良い。これは、フィジカル・コンピューティングの出番だ!ということで、手軽にScratch 3.0と連携できるmicro:bitを使ってみようと思い立ちました。

幸いなことに、Scratchのページに、micro:bitとの連携の仕方が丁寧に解説されています。この手順に従って、まずはScratch Linkをダウンロードして解凍し、出てきたパッケージファイルを使ってインストールします。次に、Scratch micro:bit hexファイルをダウンロードして解凍し、パソコンにmicro:bitを接続してそのドライブの中にコピーします。これで両方の準備が完了です。超簡単です。

Scratch Linkを起動して、ブラウザー(IE非対応につき要注意)を開いてScratch 3.0のエディタ画面にしてから画面左下の「機能拡張」から、micro:bit機能拡張を選びます。すると、接続されているmicro:bitを自動的に探してくれるので、接続されているmicro:bitが表示されたら、「接続」をクリックします。これで無事にScratch 3.0とmicro:bitが連携して動くようになりました。Offline版のScratch 3.0でも動きました。
#ちなみに、スイッチサイエンス製のmicro:bit互換機「chibi:bit」では、動作しませんでした。

プログラミング教材への応用はこれからやっていきますが、もともと教材開発をScratch 1.4をベースに行っているため、3.0への移行によってどのような影響があるのか吟味しながら進めていきたいと思っています。